漢方の効果

生理痛に効果のある漢方その2

漢方において考えられる、生理痛にはどのようなタイプがあるのでしょうか。
まず、血液が不足していることから起こる貧血タイプです。
貧血タイプの方は、生理痛が生理の終盤、また、終了した後に症状が出ることが多いです。
そして、生理の間は、さらさらの薄い血液が出ています。
生理の際は、出血していますから、当然、誰もが血液不足となるわけで、ほとんどの方は多少なりとも貧血状態だと言えるでしょう。
そして、血液不足の方に効果的な漢方は「婦宝当帰膠」の処方です。
この漢方薬は血液を増やして、乱れてしまったホルモンバランスを整えてくれる効果があります。
生理痛だけでなく、肌荒れ、にきび、更年期障害、それから、不妊などにも、効果を発揮します。
それから、生理痛が起こる別のタイプは、冷え性タイプです。
冷え性の人は、そもそも、血液が流れにくくなっていて、血液がドロドロしています。
ですから、生理の際には、出血もドロドロと粘っこいものが出ますし、レバー状の黒っぽい塊が出ることが多いでしょう。
冷え症タイプの方は、生理が始まるとすぐに痛みが起こります。
このようなタイプの方に効果を発揮する漢方は「冠元顆粒」です。
これは、「丹参(タンジン)」、「紅花(コウカ)」、「川きゅう(センキュウ)」を始めとした、様々な生薬が配合されています。
血液をさらさらにしてくれて、循環をスムーズにしてくれます。
最後は、ストレスの多いタイプです。
現代の女性はこのタイプが多いかもしれませんね。

 生理痛に効果のある漢方その2 

ソイショコラ  改葬  面接のコツ  インテリア風水  芸能人の香水  速読  右脳開発  七田式幼児教育  シュタイナー教育  旅行節約術
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi